2013年11月19日火曜日

雄勝法印神楽 舞台保管庫できました



雄勝の方々にとって、心の拠り所となっている雄勝法印神楽。

会長が津波で行方不明となり、衣装や面などの大半も流されて
いたにも関わらず、震災からわずか2か月後の2011年5月29日、
御神楽が雄勝で披露されました。



震災直後、まだ仮設住宅もできず避難所生活を続けていたころ、
「第1回おがつ復興市」には1000人を超える町民が集まりました。
いつもの木組みのやぐらもなく、被災した役場の玄関をビニールシートで
囲っただけの舞台で披露された御神楽の熱演に、町民はどれほど
勇気づけられたことでしょう。

その後、町民はもとより、多くの方々の支援によって見事に復活した
雄勝法印神楽ですが、震災によって練習場や保管庫が失われたまま
でした。



2013年11月18日、大浜の石神社/葉山神社の脇に、新たに
「雄勝法印神楽 舞台保管庫」が完成しました。



復興は一歩一歩ですが、
これからも応援し続けていきましょう。