2013年1月18日金曜日

1.17 阪神淡路大震災の慰霊祭に参加して

1月17日 5時46分、和尚さんの鳴らす鐘の音とともに、黙祷。



18年前の1995年のこの日に起きた地震は
未だに、実感が沸かない。

震災に遭ったのは、ちょうど”人と防災センター”のある、HAT神戸近くの神戸市中央区岩屋地区。

どーんという縦揺れに続き、ゆったりとした波長の激しい横揺れに、仮眠中だった布団ごと軽々と揺さぶられた。
激震が収まってしばらく(だったのか一瞬だったのか)布団の中にいた。ふと、こんな揺れなら関西国際空港は海に沈んだかな、と思い浮かんだことだけ覚えている。

真っ暗な家の中で、玄関に向かうも、アパートが傾いていたため扉が開かず出られない。やむなく裏のガラス戸から出ようと外を見た瞬間、その目の前に広がる光景を疑った。

目の前の家が、ことごとく倒壊していた。


18年後の昨日、はじめて、その地を訪れた。
正確にいうと、その場所がどこだったか、わからなかった。
何の感情も沸いてこなかった。

震災当日、泣き叫ぶ声が聞こえ、火の手のあがる中を避難していた時にも、何の感情も沸いた記憶がない。神戸大学に一泊避難し、翌日歩いて西宮北口駅に向かった時にも、その周囲の騒々しさにもかかわらず、飄々と駅に向かって、そのまま被災地を離れたという記憶しかない。

過去の事をぐっと我慢して忘れようという性格ではないが、とにかく未だにトラウマとかPTSDとかもない。
当時も今も、冷酷にまで無感情でいられること自体が、どうも自分にとってあまりに衝撃の経験だったのかも、しれない。



2013年1月17日、震災による火災によって、最も被害の
大きかった神戸市長田区 御管地区の慰霊祭に参加した。

主催は、この地区で震災直後から、住民の声が届く
復旧復興活動に尽力され、18年後の今でも、神戸や災害被災地などでの
活動を続けておられる「まち・コミュニケーション」の代表・宮定章さんと
それを支える有志の方々。

宮定さんは、昨年より石巻に居を移し、日々雄勝町の支援に
打ち込んでいる。今ではホタテの水揚げまで手伝っている。
その実行力には頭が下がる。

この日の慰霊祭には、18年たったにもかかわらず100人近くの
方が参加され、慰霊碑への焼香を行った。
正午に”人と防災センター”で行われていた式典にて黙祷を
捧げ献花をしたが、このときは市民が1000人以上参加していたのではないかと思う。

不謹慎かもしれないが、神戸では一年に一日だけでも、こうして
震災の事を思う行事が続くだけでも、防災の意味があると思う。

震災発生時に必要なのは、とっさの判断。
心のどこかで、災害が起こった時どうするか、と意識していることが、
最も簡単で、最も現実的な防災ではないだろうか。

2013年1月11日金曜日

獅子振り復活に思う、雄勝町の集落存続

今年の雄勝の正月は、にぎやかな獅子振りに始まりました!

 
 

 雄勝では、獅子舞のことを『獅子振り』っていいます。
町中を練り歩いて、家々に入り、家の悪を追い出すという意味があるとのことで、その名の通り、とにかく、振る。

獅子振りは二人一組で、一人が獅子頭、もうひとりが胴体に入ります。
普通の兄ちゃんやおっちゃんが、獅子の中に入ったとたん、立派な役者に大変身!
えぇ?いつもぷらーっとしている(失礼)のに、実はそんな凄い舞ができるなんて、と、ただただ感心。 
まごのて診療所のある水浜地区では、38年ぶりに獅子振りをされたという方もいたのですが、その勇壮な獅子の動きは、子供の頃から接しているだけあって、とても子供の頃以来とは思えない見事なものでした。 芸達者な雄勝です。新年早々、いいものを見せてもらいました。



雄勝各地区で春祈祷(新年のお祭り)があり、各地区で獅子振りをしたりしなかったりします。
1月3日は、大須、水浜、雄勝中心地区の獅子振りに参加しました。

雄勝中心地区には、新山神社という立派な神社がありましたが、津波で流出してしまいました。
それが、昨年秋に神社本庁などの支援を受けて本殿が再建され、再建を祝う秋祭りではとっても多くの雄勝町民で賑わいました。(このブログもみてね)

そして、秋祭りに続いて、新年の春祈祷における獅子振りも、今回はじめて復活しました。
この復活には大きな意味もあります。

雄勝中心地区には、6つの集落があり、2000人近くが住んでいましたが、数軒を残してほとんど壊滅してしまいました。そして、家を失ったほとんどが、集落の単位を壊されたまま、町外バラバラに避難している状態がつづいています。

もともと、雄勝では地区単位の結びつきが非常に強く、同じ町内でも隣の集落のことはよくわからないとか、関心がないということも珍しくありません。それを象徴するような話を聞きました。
雄勝町外、石巻中心部近くに開成仮設団地という数千人住む一大仮設団地があります。ここには雄勝だけでなく、旧石巻市、北上、河北、牡鹿など様々なところから集まっています。その中でぽつんぽつんと、雄勝から避難した方の部屋も点在しています。
私達からみると、住み慣れない地では、雄勝の方同士で声をかけあって、まとまっているものだと思っていたのですが、実際にはあまり交流はみられません。

『雄勝から来たったって、○○さんは隣の集落だから話もかみ合わねぇんだ』

宮城県、石巻市、雄勝町。
それぞれの単位での感覚があるはずですが、雄勝に住んでいる方にとっては、雄勝町という単位すらピンと来ず、水浜とか伊勢畑、というように自分の集落単位が感覚的に「オラが浜」の単位の基本になっています。

いま、雄勝で家を失った3000人(震災前4000人)の9割近くが町外に住んでいます。
もともとあった地区会の多くは解散あるいは機能しておらず、仮の土地にバラバラに避難している現状では、すでに「オラが浜」を意識する機会がほとんどありません。



話は戻って、新山神社での獅子振りの話。
新山神社では、震災前まで、恒例の獅子振り大会がありました。

雄勝中心地区のうち獅子振りを行う5地区が、家々を回る前に、まず神社境内でお披露目(神様への奉納ですね)を行い、5地区それぞれが、独自のスタイルで勇壮な舞を披露します。
地元の方は、自分の地区の獅子振りが一番だ!とそれぞれに素晴らしい舞を競い合うので、自然と「獅子振り大会」といっていたそうです。

新山神社で復活した今年の獅子振りには4地区が参加し、見事な舞を見せてくれました。

今回、神社が復興し、お祭りが復活するにあたり、獅子振りを行うことに
非常に大きな意味がありました。

『震災後はじめて、オラが浜(地区)を実感するハレの機会ができた』

ということです。

震災以降、それまで日常だったお隣さんとの立ち話ができない、
集落でこれまで行っていた集会がない、消防団も婦人会も老人会もない。
そして、すでに戻るべき土地は強制的に規制をかけられ戻ることもかなわない。
新しい集団移転の候補地には、集落という単位は全く考えられていない。

そういう現状の中で、雄勝の中心地区にとって、震災後はじめて、集落としてのまとまりを実感する場になったのです。

獅子振りを見て涙を流す人も数多くいました。
その涙の意味するところを、深く考えなければ、ならないのでは、ないでしょうか。

2013年1月2日水曜日

おがつ新聞 平成25年1月 新春特別号 特別サイズ発行しました

おがつ新聞、平成25年1月 新春特別号が出ました。

今回はなんと、今までの倍のサイズの紙面となりました。
それは、新春特別号の特別たる企画

『雄勝を支援された方からの
応援メッセージお届けします』

に、とっても多くの方が賛同してくださったからです。

 
昨年末、依頼させて頂いた皆様はさぞ忙しかったことでしょう、
そのような中で、快く雄勝へのメッセージをくださり、この場を借りて
改めて感謝申し上げます。
 
岡野玲子様、杉良太郎様、黒木瞳様、伍代夏子様、手塚眞様、サンドウィッチマン伊達様、サンドウィッチマン富澤様、書道ガールズ(愛媛県立三島高校書道部)様、高橋佳生様、竹下景子様、藤井フミヤ様、黛まどか様、南野陽子様、三船和子様 (五十音順)
 
 
皆様からの心温まるメッセージが、ひとりでも多くの雄勝の方々に届きますように。
ひとりでも多くの雄勝の方々が、メッセージから前向きに生きる力を授かりますように。
 


明けましておめでとうございます

 
 
新年明けましておめでとうございます。
 
雄勝まごのて診療所のある、雄勝町水浜 漁港から
初日の出を拝みました。
 
今年も、どうぞよろしくお願いいたします