2012年9月12日水曜日

雄勝町の現状

昨日で震災から1年半がたちました。

必死で生活を再建しようとする雄勝の方々を支え、また紹介することを続けてきましたが、綺麗ごとでは済まないのが現状です。


雄勝町で住民不在の復興計画が進むことを警鐘してきましたが、
もはや、私達が語らずとも、多くの専門家が気づき報告しています。
その一部ですが、ご紹介します。
震災はまだ、人災という形で続いています。


・都市計画専門家による報告
http://d.hatena.ne.jp/hiroharablog/20120912/1347411622

・ジャーナリストによる報告
http://sakura3411.at.webry.info/201208/article_3.html

また、9月9日に放映された「NHKスペシャル 東日本大震災 追跡 復興予算19兆円」
には大きな衝撃を受けました。
 →動画サイト http://www.dailymotion.com/video/xtgdwr_yyyyyyyy-yyyyyy-yy-yyyyyyyy_news

住民がどれだけ期待しても、行政に再建する意志がなければ町は消えゆく


石巻市は、町外バラバラに避難し、まだ生活もままならない被災者に対して

「あと1か月(H24.11月)で雄勝に戻ると伝えなければ造成地は用意しない、元の土地は住めなくする」

と最後通告を出しています。(「11月頃に、戻る人達から最後の意思確認をさせて頂く」8/19説明会にて)

雄勝に住んでいた住民の方々が、11月以降、雄勝にやっぱり戻りたい!と思ったら、
自力で、浸水していない土地(開発困難な場所、地元の方々には受け入れ難い場所)に
造成または移転してくださいという意味です。 (もしくは、建築規制がかかるまでに現地再建)


住民は疑問を持ったり反発する力もなくなるほど放ったからしにされ、地元を離れざるを得ないという決断をとっています。


3000人の避難者の苦悩が続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿