2012年5月29日火曜日

誕生日

本日5月29日は何の日でしょう??そう!雄勝まごのて診療所開院の日。今日が満1歳の誕生日です。
開院当日
1年前の5月29日早朝、いよいよ今日から開院だな~、と水浜の診療所に向かっていると、突如、急患を知らせる電話が入りました。
熱を出して動けない というので、そのまま準備そっちのけで往診に向かいました。
カルテ番号1番のその患者さんは、今でも毎週通院して元気な顔を見せてくれています。
開院第1日目は暴風雨の悪天候で波乱の幕開けでした。
それでも、避難所からの顔なじみの患者さんが来院されました。
診療所を開こうと思ったのは、町の人たちの「病院がなければ、心配で町に残れない」という声を数多く耳にしたからです。
とにかく、すこしでも多くの方に雄勝に残っていただきたいという気持ちでした。
町中の建物という建物がすっかり消滅してしまった中で、診療所を開くにあたって、水浜の水産業を営んでいた方が、
「先生が来てくれるなら」と二つ返事で作業場の建物を無償で提供していただきました。
本当にありがたいお話しでした。
まだまだ流通が十分でない時期に、被災した老健施設から、机やベッドなど必要な備品も提供していただきました。
宮城県の担当の方も異例の速さで手続きを進めてくださって、2011年の5月29日に
「雄勝まごのて診療所」開院しました。
雄勝まごのて診療所がある雄勝町水浜の様子。
手前の百数十軒の家は全て流出
1年が過ぎて、現在の雄勝の状況は、といいますと、ガレキはだいぶ片付きましたが、街中にまだ建物らしい建物は立っていません。
町内の仮設住宅に残っているのは、海を生活の糧とする漁業者の方々と、年金生活のご高齢の方々ばかりです。
むしろ、町中に仮設住宅が作られなかったため、大半の方は町外に出ざるを得なかったのです。
その方たちの中には、町外に出ているため、町の復興に関して、意見を言うのに後ろめたさを感じる、と思って口をつぐんでいる方が少なからずおられます。
何も、雄勝の外に出たくて出たわけではありません。
雄勝に戻りたい、すぐにではなくても、将来戻ってきたい若い世代の方がこそ、意見をどんどん出してほしいです。


 
おがつ新聞、第2号を発行しました。
明るい紙面づくりをめざし、今の雄勝の日常を町内外の方々にお伝えしたいという思いで作っています。
★おがつ新聞第2号 → http://ogatsu.info/shimbun.html

開院した時の感謝の気持ちを忘れずに、
町の方々が安心して住めるようになるまで、
期間を区切らずに、雄勝まごのて診療所も続けていきたいと思います。
1年間本当にありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2 件のコメント:

  1. まごのて救援隊 代表 山王直子様 

    突然のコメント失礼致します。
    京都大学公共政策大学院の修士課程で、
    震災復興に関する研究をしている谷口という者です。

    私は現在雄勝町の高台移転について研究をしており、
    山王様のお話を聞かせて頂けないものかと思い、
    コメントさせて頂きました。
    ご多用な中不躾なお願いをして大変恐縮ですが、
    以下をお読み頂いた上で、ご検討いただければ幸いです。


    私が所属している京都大学公共政策大学院は、
    公共的な仕事に携わる専門職業人を養成する専門職大学院で、
    財政、地域振興、観光、医療、社会保障等、
    政策に関して広く研究を行っております。

    「震災復興研究会」は、京都から震災復興のお手伝いをしたい、
    大学院生として、震災復興に関する研究をしたい、
    また京都など関西地方の方々にも広く震災復興に携わってもらいたいという思いから、
    東日本大震災後に発足しました。
    現在は私を含め修士課程の大学院生6名で研究活動をしております。

    昨年度は宮城県のみなし仮説住宅の問題について研究し、
    「みなし仮説制度における課題とパーソナルサポート型支援について」
    という題名で論文を発表させて頂きました。
    また実際に被災地でボランティアをさせて頂いたり、
    被災地の方々へのヒアリング等の研究活動を通して、
    昨年度は計6度、宮城県を訪問させて頂きました。


    今年度は各地域の復興計画、
    とりわけ高台移転計画について研究をしたいと考えております。
    そこで高台移転計画について調査していたところ、
    山王様のブログを見つけ、移転計画の問題点や
    雄勝町の様子など、大変興味深く読ませて頂きました。
    雄勝町の伝統をどう守っていくのか、
    住民の方々の意見をどう取り組んでいくのか等、
    非常に重要な問題だと思います。
    高台移転の問題を通して震災復興のあり方を
    考えていけたらと思っています。


    そこで、雄勝町の高台移転について、山王様のお話を聞かせて頂けないでしょうか。
    高台移転の問題点や石巻市の復興計画について、
    また雄勝町の歴史や現状等について、教えて頂ければ幸いです。


    ご多用な中不躾なお願いをして大変恐縮ですが、
    もし宜しければ(kyotouniv.shinsaifukkou@gmail.com)まで
    ご連絡頂ければ幸甚です。
    長文をお読みいただき、ありがとうございました。


    それでは失礼致します。

    京都大学公共政策大学院震災復興研究会
    http://www.sg.kyoto-u.ac.jp/ja/

    返信削除
  2. 遅ればせながら、一周年おめでとうございます
    そして、一年お疲れさまでした
    こうして市民の人の中に溶け込み、そして離れ離れになってしまった雄勝の人達をつないでいらっしゃる
    素晴らしいことだと思います
    日本の一国民として、心から感謝します
    ありがとうございます

    返信削除