2011年8月3日水曜日

8月になりました

毎週、診療所の方はたくさんの患者さんがいらっしゃいます。
一番多いのは高血圧の患者さんですが、
次は腰痛、膝の痛みです。
ブロック注射が大人気で、順番待ちができるほど。

待ち時間が長いのは、ここでは全然気になりません。待合室は、町の皆さんの憩いの場にもなっているようです。

まごのて診療所の待合室には全国から届いた 支援物資などが置かれています。
「ご自由にお持ちください」


最近届いたのは、長崎の小学校から、家庭科の時間を利用して作った
手作りのアームカバーです。
近所のおばちゃん達、これがえらく気に入った様子。
こちらではアームカバー=「うでっこ」と呼びます。
中には一つ一つに製作者の小学生のお手紙も入っています。



そのほか、横浜の小学校からも手書きイラスト・文字が入った「うちわ」がたくさん寄せられました。
全国からの温かいお気持ち、嬉しいですね。

2日の間に、なんと4回も来院されたおばあちゃんもいました。
どこといって具合が悪いわけではありません。お話しに足を運んでくれるのです。
元気のもとは薬だけではありません。

人と人とのふれあいが一番のお薬です。

0 件のコメント:

コメントを投稿