2011年4月22日金曜日

4月22日

★当たり前に見えるもの★


昨日の船越小、雄勝中の入学式に引き続き、今日は雄勝小学校の入学式でした。

新入生も、新学期のはじまった生徒たちも、新しい校舎で元気いっぱいの
授業再開です。



はじめてきた人には、あぁ新しい教室ができたね、という感じでしたが、
その、『当たり前の」教室にするまでには、先生方の必死の準備が
ありました。

仮教室が決まったのが数日前。
先生方は、がれきの散乱する津波に被災した校舎に通い、使えそうな備品を
探し出してきました。余震の続く中危険な作業です。

パーティションも、当初避難所でつかっていたものを町長さんが使ってもいいよ、
という打診もあったのですが、長期に耐えるかどうか、ということと、
学校に避難所の雰囲気をもちこみたくない、ということで、しっかりしたものを
用意しました。

元々、授業用の教室ではなかったので、黒板がない教室もあり、
移動式黒板を追加しました。パーティションや黒板の組み立ても
先生方総出で行いました。

そして、仕上げにみんなで華やかに「新入生おめでとう!」の飾りつけ。


生徒にとっても、親御さんにとっても、仮校舎はどんなところか不安だったでしょう。
先生方は、少しでも不安をとりのぞき、うん、ここならしっかり授業できるね、
と安心してもらうために、この数日間、必死の思いで準備をされてきたのです。

みんな見えないところで、がんばっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿