2011年3月31日木曜日

3月30日

震災から今日で20日が経ちます。

あっという間の、20日です。
甚大な被害を受けた被災地では、まだまだ今後の長期的な
復興計画などを話し合う状況ではないのでしょう。

しかし、現実には政府や自治体レベルでも、災害初期の
非常時体制からの次の段階として、ある程度の見切りをつけた
方針が聞こえ始めました。それが、末端の避難者や支援者に
大きな不安となっています。
仮設の町役場には、不安をかかえた方が相談に。。。

厚生労働省は被災者の窓口負担を、5月末まで免除と発表
しています。しかし、津波で何もかも失った方は、5月も6月も
状況が変わるわけではありません。

昨日から、石井が現場に残り、役場の保健福祉課と皆様と共に
今後の町の医療についてディスカッションしてきました。
山王による診療という形の支援に加え、より長期的な医療支援を
話しあいました。

★問題1★ カルテ不在
  ・・・日赤、自衛隊、民間ボランティアによる診察は、2,3日~1週間で
    担当医師が入れ替わるが、引き継ぐカルテがない。医師によっては
    その日の診察記録すら残さない、または持ち帰ってしまう。  

 このことは、とても大きな問題です。
 既往歴、投薬歴、検査値の推移などの情報なしで、診察するのは
医師・患者共に大きなリスクが伴います。

 この問題に対し、「まごのて救援隊」では、

・紙カルテおよびフォルダ 500人分

を提供し、同時に過去の診察記録整理およびデータ化の
作業支援をはじめています。


また、これまでは17か所ある避難所への医師の振り分けを
町役場の担当者ひとりで請け負っていました。
これを、一目でわかるようにボードをつくりました。




本来は、当地の医療機関がすることなのでしょうが、
津波ですべての病院が消えたこの町では、何もかもが
一から、ということを踏まえた支援が必須と感じました。

夜になると、まだまだ町内各地で自衛隊さんや地元の方々が
懸命に工事をされています。帰り道も、こんなふうに
町に入る唯一の道はちょっとでも運転誤れば、川にドボン、の状態。 
今日もしっかり余震があり、ひやひやしながら渡って帰りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿