2011年3月27日日曜日

3月11日

東日本大震災発生
マグニチュード9.0、震度7 死者・不明者25000人を超える大惨事に・・・
石井の会社(東京・神田)も古いビルなので相当ゆれた。
物が倒れ、ビルの外には金物が散乱した。
石井の姉が福島市にいる。心配だ。
電話は不通・・・
神田から品川のクリニックまで、とりあえず走る。

山王は品川のクリニックで診療中であった。
これまで経験したことのない激しい、長い揺れだ。
避難路を確保するためにドアを開け、非常階段の扉を開ける。
カルテ庫が倒れると危険だ。職員が必死で抑えてくれた。
ガラスの花瓶が割れ、薬品棚からバタバタと薬箱が落ちた。
やや落ち着いてから危険物をすべて床に移し、
カルテと薬品棚の前面にテープで落ちないように固定した。
幸い職員に怪我はなく、歩いて帰宅してもらった。

石井と私はクリニックで翌朝まで待機する事とした。
まだこの震災がどれほどの被害をもたらすかもわからず。

品川駅付近は帰宅難民となったオフィス勤めの人々であふれていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿